稲庭うどんは手延べ製法で造られる乾麺です。

日本3大うどんの稲庭うどんは、手延べ製法で造られる秋田県南部の乾麺(干しうどん)です。 私の感じでは麺はやや黄色味で、讃岐うどんと水沢うどんの中間の感じの平べったいのど越しの良いうどんですよね。

群馬県の水沢うどんと同様に稲庭うどんの歴史は古く、寛文年間以前に稲庭村(現在の稲庭町)で造られたといわれています。

稲庭うどんは昔、本場の湯沢ではなく秋田駅近くの有名店で食べたことがあるけど、かつお節と昆布出汁が効いた汁にコシがある細麺が抜群だった!細めの麺がつやつやしていたのを今も覚えています。 さすが秋田を代表する特産品だと感じました。

当時お店の人に伺ったら、稲庭うどんは小麦粉とお塩、そこに打ち粉にでんぷんを使用した手延べ製法による干しうどんだと親切に教えてくれました。

稲庭うどんの画像

香川の讃岐うどんや群馬の水沢うどんは手打ちが多いですが、稲庭うどんは製法が違います。 普通の手打ちうどんは麺生地を麺棒で伸ばして包丁で切りますが、稲庭うどんは違います。 稲庭うどんの場合は素麺のように麺を伸ばし、ゆっくりと時間を掛けて乾燥する製法なんですね。 讃岐うどんは太い麺ですが稲庭うどんは基本的に細い乾麺です。